今やどこのデパートでも、グルメ・特産品フェアをやれば不況の風などなんのその、どこも大盛況です。特に人気商品を擁する北海道グルメ・特産品がどこでも大人気です。首都圏の人にとっては現地に行かなくても全国のグルメ・特産品を入手できたり郷土料理に舌鼓を打つことができるようになりました。このグルメ・特産品市場.comでは北は北海道から南は沖縄まで、全国のグルメ・特産品、訳あり食品などの情報も紹介します。

●小川村のおばぁちゃんたちの手作り『縄文おやき』・・長野グルメ・特産品

TVで何度も紹介された村おこしの決定版『縄文おやき』・・長野グルメ特産品

今ではすでに全国区なってしまった信州小川村の『縄文おやき』。

その美味しさを求めて全国から客が集まります。

『縄文おやき』は長野県の郷土料理のひとつです。

具には長野名物の野沢菜をはじめしめじ、カボチャ、小豆など
りんご、きんぴら、ひじき、切り干し、なす、にら、ふき、味噌
、旬菜 が入っていてバラエティー豊かです♪


おばあちゃんたちが一生働ける職場としてはじまった『縄文おやき』
製造元「小川の庄」では、食べる人の健康を考えた、おばあちゃんな
らではの優しさ溢れるこだわりのもと、商品を生産し・販売してい
ます。


信州(長野県)小川村では水田が少なく雑穀を主食にしていたため、
「おやき」は日常食でした。


「おやき」は小麦粉と水を練り合わせた生地に、季節折々の野菜を
味噌や醤油で味付けいた具を包み、焼いたり蒸したりしたものです。


私的には野沢菜おやきが一番好きです。

『縄文おやき』を食べた人の感想

このようなまんじゅうのような食べ物は、通常甘い餡が入っていま
すが、この「おやき」は餃子やシューマイ的な食べ物ですので、
甘いものが苦手な人でもバクバクいけますヨ(*^_^*)
日本の餃子・シューマイ発見!信州小川村の『縄文おやき』
スポンサードリンク
| 長野
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。