今やどこのデパートでも、グルメ・特産品フェアをやれば不況の風などなんのその、どこも大盛況です。特に人気商品を擁する北海道グルメ・特産品がどこでも大人気です。首都圏の人にとっては現地に行かなくても全国のグルメ・特産品を入手できたり郷土料理に舌鼓を打つことができるようになりました。このグルメ・特産品市場.comでは北は北海道から南は沖縄まで、全国のグルメ・特産品、訳あり食品などの情報も紹介します。

●黒蜜で葛切り、葛餅に『秋月(あきづき)葛』・・福岡グルメ・特産品市場

リラックス、滋養強壮に『秋月(あきづき)葛』・・福岡グルメ特産品市場

葛は秋の七草にも数えられているありふれた草ですが、
秋には小さく可愛い花を咲かせます(*^_^*)


葛は河原や野原で他の木などにからみついて繁茂しています。
蔓は強度があり、民具などを作るときの材料とされています。


根からは葛澱粉(くずでんぷん:葛粉)が取れます。
この根はカッコン(葛根)と呼ばれ、風邪薬など漢方薬として
使われています。


福岡県の秋月で葛作りが始められたのは江戸時代の中ごろとされ
ています。


当初は質が悪かったのですが、紀州保田葛、吉野葛の製法も取り
入れられて、品質が向上し、黒田藩や幕府への献上品にもなり、
全国に名を知られました。


秋月は現在も九州葛生産の中心であり、良質な品質が受け継がれ
ています。


秋月の周辺の野山には至る所に葛が群生しており、自然と葛生産
の中心地になっていきました。


葛の根には良質の澱粉が含まれていて、この根から抜き出した澱
粉を何度も水でさらしてアク抜きをして純白にしたものが本葛粉
(ほんくずこ)です。


本葛粉は百キロの葛根から7〜10キロ程度しかとれない貴重品
です


本葛粉には解熱、発汗作用、筋肉や血管の緊張を和らげる働き
があり、昔から風邪、下痢、肩凝りに効果があると言われており、
リラックス効果、滋養強壮効果が期待されます。


『秋月葛』を試した人の感想


夏の暑い日に、葛切り、葛餅に黒蜜を掛けて食べるとたまりませ
んネ。
夏の涼を取る「葛切り」から漢方薬まで、『秋月(あきづき)葛』
スポンサードリンク
| 福岡
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。