今やどこのデパートでも、グルメ・特産品フェアをやれば不況の風などなんのその、どこも大盛況です。特に人気商品を擁する北海道グルメ・特産品がどこでも大人気です。首都圏の人にとっては現地に行かなくても全国のグルメ・特産品を入手できたり郷土料理に舌鼓を打つことができるようになりました。このグルメ・特産品市場.comでは北は北海道から南は沖縄まで、全国のグルメ・特産品、訳あり食品などの情報も紹介します。

●指でちぎって食べる新感覚パイナップル『スナックパイン』('09.6/18「秘密のケンミンSHOW」でガレッジセールの川ちゃんが紹介)・・沖縄グルメ・特産品

収穫前に売り切れてしまう幻の逸品・・沖縄グルメ特産品


日本でパイナップルといえば、フィリピンなどの海外産のもの
がたまにスーパーに並ぶ程度ですが、沖縄の主要な特産品であ
ることはほとんど知られていません。

私も知りませんでした(*^_^*)


パイナップルは沖縄へは1888年(明治21年)に小笠原か
ら持ち込まれた、あるいは66年にオランダ漂流船によって石垣
島にもたらされたという説もあります。


商業品種のスムースカイエン種は、台湾から1927年(昭和
2年)国頭郡本部町伊豆味に、30年には、八重山支庁が石垣
島に導入されたものです。


パイナップルの果実はジューシーでさわやかな酸味と甘みに富み、
果肉100g中全糖分として10〜15%、疲労回復に効果のあるクエン酸
やリンゴ酸など酸類を0.8〜1.2%、、カルシウム17mg、カリウム
100mgを含み、傷ついた細胞を修復する作用のあるビタミンCを5
〜14mgのほかカロチンやビタミンBも含んでいる総合バランス栄養
フルーツです。


パイナップルの果汁中にはタンパク質分解酵素ブロメラインを含
み、肉類の消化を助けますので、肉の下処理に漬け込むと肉が柔
らかくなりとても美味しい肉料理になります。


また、BBQや焼肉料理でも前日にパイナップル果汁に漬け込むこと
で、とても柔らかい肉になります。


※缶詰などの加工品にはブロメラインは含まれていません。


さて、沖縄の名護市を中心に生産されている日本のパイナップル
ですが、今では普通のものとスナックパイン(ボゴールパイン)、
ピーチパインなどが生産されています。


ですが、スナックパインやピーチパインは生産する農家がまだ
少なく貴重な味覚となっています。


最近人気急上昇したのが指でちぎって食べる新感覚パイナップル
のスナックパイン(ボゴールパイン)です。


この「スナックパイン」は収穫前に売り切れてしまうというほど
現在大人気の幻の沖縄パインです。


'09.6/18「秘密のケンミンSHOW」でガレッジセールの川ちゃんが
紹介しましたが、誰も知らなかった様子です(*^_^*)


「スナックパイン」の大きさは普通のパイナップルと比べて小ぶ
りで、外皮が他の品種に比べてかなり黄色く、うろこ状の皮が果
肉ごと一つずつ外れやすいのが特長です。そのため、指で千切っ
てスナックのように食べることができるのです♪
スナックパインを食べた感想集♪

「スナックパイン」の果肉は濃い黄色で、甘みも強く、芯も柔ら
かく、食べることができます。
大人気!指でちぎって食べる新感覚パイナップル『沖縄スナックパイン』
スポンサードリンク
| 沖縄

●沖縄サミットの晩餐会で大絶賛された「石垣牛」・・沖縄グルメ・特産品

「石垣牛」、クリントン大統領が大絶賛・・沖縄グルメ特産品

「石垣牛」は沖縄の石垣市及び八重山諸島で生産され、一定の
条件を満たす黒毛和種の和牛です。

当初、「石垣牛」はブランド化されていませんでした。

2000年の沖縄サミットの晩餐会で出された「石垣牛」を各国
首脳のあいだでウマイと好評価、と中でもアメリカのクリン
トン大統領が大絶賛したそうです♪

そこから火がついてブランド化されたのが「石垣牛」。

「石垣牛」の生地、八重山諸島では畜産が盛んで牛を生産し、
そこで競り落とされた仔牛は全国の産地に出荷され、各地
のブランド牛、松坂牛や神戸牛に育っていってるのです。
\(◎o◎)/!

沖縄ののどかな自然と大地でのびのびと育てられた石垣牛
は程よい脂身と固さがあり食べ応え十分のグルメの逸品。

「石垣牛」はブランド化されるに当たって登記書及び生産
履歴、出荷期間など厳しい条件を設定、クリアした牛にのみ
石垣牛ラベルを付与されるという品質管理体制を取ってい
ますので安全性はお墨付きです。(*^_^*)

各国首脳が大絶賛沖縄ブランド牛『石垣牛』
スポンサードリンク
| 沖縄

●今話題の健康成分「フコイダン」をたっぷり含む『沖縄モズク』・・沖縄グルメ・特産品

沖縄栄養バランスダイエット食『沖縄モズク』・・沖縄グルメ・特産品

沖縄のキレイな海とサンサンと降り注ぐ太陽の光のもとで育
った沖縄モズクは本土のものと違い一本一本が太く歯ごたえ
があります。

モズクはおもに熱帯から温帯の浅い海に分布し、日本沿岸で
は冬から春にかけて、光が届く岩礁に生えますが、夏には他
の海藻類と同様に枯れてしまいます。

日本では沖縄モズクがほとんどを占め沖縄の特産品となって
います。

モズクには健康成分、あのヌルヌル成分の、「フコイダン」
がたっぷり含まれていることから注目され、健康食、ダイエッ
ト食として人気急上昇中です。♪

「フコイダン」の健康効果とは

・胃の粘膜を保護し、炎症を修復

・抗酸化作用

・整腸作用

・ガンを消滅させるアポトーシス効果

・低コレステロール作用

・アトピーなどの抗アレルギー作用

以上の効果があるとされています。

高血圧、便秘、乾燥肌、胃腸が弱い、疲れやすい
などの症状の改善が期待されます。

またモズクには「フコイダン」の他、カリウム・カルシウム・
マグネシウム・亜鉛等のミネラルも豊富に含まれています
のでダイエットにも効果的な食品です。

食べ方としては三杯酢に漬けた「もずく酢」が一般的で暑い
日に食べると涼も取れ、疲労回復にも効果がありますので
最適な食べ方ですが、天ぷら、吸い物や雑炊などにしても
美味しくいただけますヨ(*^_^*)
今話題の健康成分「フコイダン」をたっぷり含む『沖縄もずく』
スポンサードリンク
| 沖縄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。