今やどこのデパートでも、グルメ・特産品フェアをやれば不況の風などなんのその、どこも大盛況です。特に人気商品を擁する北海道グルメ・特産品がどこでも大人気です。首都圏の人にとっては現地に行かなくても全国のグルメ・特産品を入手できたり郷土料理に舌鼓を打つことができるようになりました。このグルメ・特産品市場.comでは北は北海道から南は沖縄まで、全国のグルメ・特産品、訳あり食品などの情報も紹介します。

●土佐の高知の初夏の風物詩『どろめ』・・高知グルメ・特産品

土佐の飲兵衛にはたまらない肴『どろめ』・・高知グルメ特産品

高知県民に愛される祭りのひとつに香南市赤岡で開かれる
「どろめまつり」というのがあります。


『どろめ』を肴に世界各国から酒飲み自慢が集合し、「大杯
飲み干し大会」がメインイベントというお酒好きなひとには
たまらない祭りです(*^_^*)

男は一升、女性五合のお酒を飲み干し、その時間と飲みっぷり
を審査されます(*^_^*)

飲んべえを自認する人は要チェックですヨ〜♪


『どろめ』とは「まいわし」や「かたくちいわし」の稚魚で、
南国土佐の初夏の珍味であり、特に酢にニンニクの葉をすり
おろして、みそを加えたものに、「ドロメ」を生きたまま入れて
食べる酢みそ和えは、酒の肴に最高の逸品です♪


この『どろめ』をゆであげて天日干ししたものを「チリメンジ
ャコ」といい、これをアツアツご飯にたっぷりのっけてかき込む
のもたまりませんネ。日本人でよかった〜と感じる御馳走です♪
(*^_^*)
土佐の高知の酒の肴の最高峰『どろめ』
スポンサードリンク

●日本一大きいジャンボ・スイカ『入善ジャンボスイカ』・・富山グルメ・特産品

日本一大きい、わらじを履いた超大玉スイカ『入善ジャンボスイカ』・・富山グルメ特産品

富山特産の『入善(にゅうぜん)ジャンボスイカ』はまるで巨大ラグ
ビーボール。

長さ約40cm、直径約30cm、重さはなんと15kg〜18Kg!!Maxは驚き
の25Kgのものまで!!

『入善ジャンボスイカ』あまりの大きさにひとつひとつワラで
編んだわらじで縛ってあります♪

『入善ジャンボスイカ』の味はどうなの〜?
大きいと味がネ〜?

と訝る人がいるのもわからないではありませんが、
御心配無用!毎年、皇室に献上されているほどのスイカです
から品質は折り紙つきです♪

『入善ジャンボスイカ』の生産地富山県入善町は北アルプス
連峰の雪解け水が流れ込む黒部川デルタにあり、水はけの
良い土壌はスイカ栽培に最適で、室町時代からスイカが作ら
てきました。

富山ジャンボスイカは立山、剣岳、白馬岳など北アルプスの
清流が日本海に注ぐ黒部平野の夏の風物詩です(*^_^*)

『入善ジャンボスイカ』は大正の頃には「黒部スイカ」の名称
で輸出されるほどの生産量を誇っていました。今は名前を
『入善ジャンボスイカ』に変え、贈答用スイカとして全国に
出荷されています♪

通常、大きい大玉スイカは甘くなりません。糖分が分散して
しまうのでしょうかネ(ToT)/~~~

では何故『入善ジャンボスイカ』は甘いのか?

それはまず、一つの株から一個の実のみを残し、その実だけに
栄養分が集中するようにしていること。また、連作障害を
無くす為に、一度使った畑は10年間使用しないとくのです。

こうした栽培努力のおかげで『入善ジャンボスイカ』は大きく
、甘くなるのです♪

誰でもビックリ!感激すること間違い無し♪
日本一大きいわらじを履いた超大玉スイカ『入善ジャンボスイカ』
スポンサードリンク

●北海道当麻町のまっ黒な皮に真赤な甘い果実『でんすけすいか』・・北海道グルメ・特産品

北海道当麻町で育つから甘くなる・・北海道グルメ特産品

『でんすけすいか』は見た目まっ黒、切ってみると中は真赤な果肉♪
ボーリングの玉のように黒くて大きいんですヨ♪

味は糖度が高く、『日本農業賞』を受賞するほどの逸品です。


『でんすけすいか』は苗木一本から1〜2玉しかできないので
それだけ糖分、栄養が凝縮しているため、身がギッシリ詰まっ
ています♪

『でんすけすいか』は種まきから収穫まで約100日かけて実る
大玉のすいかです(*^_^*)

北海道の夏は乾燥しており、昼は暑く、夜は温度が下がると
いう、この寒暖差が糖分の高い『でんすけすいか』ができる
のです(*^_^*)

『でんすけすいか』の名前の由来は目の回りや鼻の頭を黒く
塗ったメイキャップで舞台名「デン助」で人気のあった喜劇
俳優、故・大宮敏光さんにあやかり、多くの人に親しまれる
ようにと命名されました。

また、国の水田の減反政策が進められる中、当麻町では米に
代わる転作物を探していたときにこのスイカを導入すること
になり田を助けるという意味で「田助(でんすけ)」という意味
も込められました。

『でんすけすいか』の品種名はタヒチといい、生育は縞のある
品種よりも速く旺盛で、着果性に優れています。果重は6〜8s
ほどの大玉スイカです♪

果肉は明るい紅色で、果汁はスッキリとした甘み。皮は暗緑色で、
縞模様のない外観が特徴のスイカです。

肥大性が強い品種のため、ス発生の弱点も併せ持ち、高い品質管
理技術が必要です。

『でんすけすいか』は出荷検査で外観検査ではわからない、空洞などの
検査に機械を導入、100%検査を実施しています(*^_^*)

『でんすけすいか』は生産農家で組織する当麻町そ菜研究会でんすけ部会
が土壌づくりや温度・水分管理、病害虫防除方法を定め、厳しい栽
培基準で生産されています。

また、3月下旬から6月中旬までの間には月2回ほど生産者同士の
学習会を開催、『でんすけすいか』の栽培技術向上に努めています。

『でんすけすいか』を食べた人の感想♪

『でんすけすいか』は平成18年3月、全国農業協同組合中央会
などが主催する「第35回日本農業賞」で町そ菜研究会でんすけ部会
が集団組織の部で大賞を受賞、名実ともに高級スイカのブランドの
仲間入りと果たしたのです(*^_^*)
北海道当麻町のまっ黒な皮に真赤な甘い果実『でんすけすいか』

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。