グルメ・特産品、訳あり、アウトレット市場.com
今やどこのデパートでも、グルメ・特産品フェアをやれば不況の風などなんのその、どこも大盛況です。特に人気商品を擁する北海道グルメ・特産品がどこでも大人気です。首都圏の人にとっては現地に行かなくても全国のグルメ・特産品を入手できたり郷土料理に舌鼓を打つことができるようになりました。このグルメ・特産品市場.comでは北は北海道から南は沖縄まで、全国のグルメ・特産品、訳あり食品などの情報も紹介します。

●日本一大きいジャンボ・スイカ『入善ジャンボスイカ』・・富山グルメ・特産品

日本一大きい、わらじを履いた超大玉スイカ『入善ジャンボスイカ』・・富山グルメ特産品

富山特産の『入善(にゅうぜん)ジャンボスイカ』はまるで巨大ラグ
ビーボール。

長さ約40cm、直径約30cm、重さはなんと15kg〜18Kg!!Maxは驚き
の25Kgのものまで!!

『入善ジャンボスイカ』あまりの大きさにひとつひとつワラで
編んだわらじで縛ってあります♪

『入善ジャンボスイカ』の味はどうなの〜?
大きいと味がネ〜?

と訝る人がいるのもわからないではありませんが、
御心配無用!毎年、皇室に献上されているほどのスイカです
から品質は折り紙つきです♪

『入善ジャンボスイカ』の生産地富山県入善町は北アルプス
連峰の雪解け水が流れ込む黒部川デルタにあり、水はけの
良い土壌はスイカ栽培に最適で、室町時代からスイカが作ら
てきました。

富山ジャンボスイカは立山、剣岳、白馬岳など北アルプスの
清流が日本海に注ぐ黒部平野の夏の風物詩です(*^_^*)

『入善ジャンボスイカ』は大正の頃には「黒部スイカ」の名称
で輸出されるほどの生産量を誇っていました。今は名前を
『入善ジャンボスイカ』に変え、贈答用スイカとして全国に
出荷されています♪

通常、大きい大玉スイカは甘くなりません。糖分が分散して
しまうのでしょうかネ(ToT)/~~~

では何故『入善ジャンボスイカ』は甘いのか?

それはまず、一つの株から一個の実のみを残し、その実だけに
栄養分が集中するようにしていること。また、連作障害を
無くす為に、一度使った畑は10年間使用しないとくのです。

こうした栽培努力のおかげで『入善ジャンボスイカ』は大きく
、甘くなるのです♪

誰でもビックリ!感激すること間違い無し♪
日本一大きいわらじを履いた超大玉スイカ『入善ジャンボスイカ』
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。